Illustratorでの白版の作り方

クリアファイル等の素材のPPはその性質上、印刷の際若干の伸縮があります。
白版をデザインと同じサイズで印刷すると、完成品のデザインより白インキ部分がはみ出してしまいます。
そこで、白版を作成の際はデザインよりも小さめに作る必要があります。

Illustratorを使用の際は、以下の手順を参考に白版データを作成ください。


1.白版レイヤーを作る


新規レイヤーを作成し、「白版」という名前をつけます。
デザインの入ったレイヤー(下記画像内「4色版」)の透けてほしくない部分をコピーし白版レイヤーに、メニューの「編集」→「同じ位置にペースト」で貼り付けます。


2.黒で塗りつぶす

メニュー→「ウィンドウ」→「カラー」でカラーウィンドウを呼び出し、 白版データを黒(K100%)で塗りつぶします。

3.白版を縮小する

白版データ選択します。
メニューの「効果」→「パス」→「パスのオフセット」でパスのオフセットウィンドウを呼び出し。
オフセットを「-0.2mm」に設定します。



4.完成

デザインよりも白版のサイズが0.2mm小さくなりました。
白版データの完成です。